失敗しない引っ越し業者選び|見積もりで格安業者を探す

ダンボール

梱包時の注意点

作業員

近距離での引越し

遠くへの引越しであればすべての荷物の運び出しを業者の方に頼むことになるでしょう。しかし、近距離の場合はどうでしょうか。仕事先の関係で隣の町や市への移動や同じ市内での住み替えなどがあれば近距離での移動となり、業者のプランを使うと高く請求される場合があります。近距離での引越しの場合に費用を抑えるには、できるだけ自分たちで荷物の運び出しをすることです。大型家電、大きな荷物以外は車で運んだり、郵送するなどして業者に運んでもらう荷物の量を減らすと費用が安く済みます。料金の試算はネットで行うと便利です。運んでもらいたい荷物の数を入力すれば、一番あっているプランの金額を提示してくれます。でも最終的な金額が決まるのは、最終見積もりのために家に営業の人が家に来て、実際の荷物の量を把握したときに料金が決まるのです。なので、自分たちで運べるものはどれか、業者に運んでほしいのはどれかを決めておくと料金を安く抑えることができます。

荷物をまとめるときの一工夫

引越しの荷物をまとめるときに使う物の場所ごとで分けて梱包すると、荷解きのときに助かります。例えばランドリー系であれば洗剤類を一まとめにし、ハンガーや洗濯ばさみ類を一まとめにしておくと使う場所が同じなので出すときに便利です。荷物を置くときにも、使う場所の近くにおくようにしてから荷解きをすると時間の短縮にもなりますし、整理整頓もしやすくなります。調味料関係は運び出しのときにこぼれる心配があるので、引越し前に使い切るようにするのがベストですが、なかなかうまくいきませんよね。そういう時は、キャップや注ぎ口をセロハンテープで止めておくと中身のこぼれを防ぐことができます。衣類をしまうときも、季節ごとにまとめて入れておくと衣替えがスムーズに終わります。ちょっとした一工夫で荷解きの時間を短縮することができます。